取材日記(市原SaToYaMaよくし隊)

更新日:2021年04月01日

有秋東小学校の向かいにある『竹・いろりの里』で里山(竹林)整備活動を行っている『市原SaToYaMaよくし隊』さんに伺いました。

☆IMG_0863.JPG

元はうっそうと竹が茂った藪だったそうですが、倒れた竹を取り除き、間伐を進め、現在の状態となりました。

☆IMG_0895.JPG

この日は有秋東小学校の6年生38人が環境学習のために訪れました。有秋東小学校では、10年以上前からこの「竹・いろりの里」で環境学習を行っています。今年度は来年2月までの計8回、里山活動を体験します。鈴木代表の姉崎地区の今昔についての講義からスタートです。

☆IMG_0931.JPG

講義後は里山を散策。間伐された林内には光が差し込み、キンランやギンラン、ヤマユリなどさまざまな植物が育っています。

☆IMG_0979.JPG

さらに進むと谷津田が広がるやまびこ広場に到着。みんなで「ヤッホー」と呼びかけると「ヤッホー」とこだまが帰りました。鈴木代表は、「里山体験を通じて自然の大切さを身につけてもらい、将来、一人でも里山保全活動に携わってもらえたらうれしい」と児童に話しました。

☆IMG_1075.JPG

体験学習が終わり昼食の時間です。この日のメニューは、みんなで作ったタマネギとジャガイモに真竹のタケノコのスープ。このスープ味付けは、家ではめったに厨房に立たない伊東さん。タマネギが丸ごと入った豪快さの中に、優しい味付けのスープはとてもおいしかったです。

☆IMG_1105.JPG

会員のみなさんは広瀬さんのお子さん(1歳半)を自分の孫のように可愛がっていて、楽しい時間を過ごすことができました。活動の魅力や苦労話などはいちはらFMの『イチラジ』で聴くことができます。

放送日時 7月1日から12日までの月曜から金曜日の12:00~12:30
周波数  76.7MHz

ユーチューブでも聴くことができます。