はじめてガイド

いちはらよねざわのもりをかんがえるかい市原米沢の森を考える会

更新日:2018年11月14日

基本情報

団体
  • ・団体名市原米沢の森を考える会
  • ・事務所の所在地〒290-0509 市原市安久谷102番地8
  • ・代表者つるおか せいじ鶴岡 清次
  • ・設立2004年4月1日
  • ・ジャンル保健・医療・福祉、子ども、防災・安全・災害、自然・環境、まちづくり、産業・雇用、社会生活、その他
  • ・地区姉崎、市原、五井、三和、市津、国分寺台、辰巳台、南総、加茂、有秋、ちはら台
団体の目的

市原市南部は、地域住民の若年層の流失により、過疎化や高齢化が年々進行している状況にあり、森林、谷津田の荒廃は著しく、本来の豊かで美しい自然が失われようとしているので、活動を継続前進させ本来あるべき自然環境を取り戻すことを目的とします。

活動内容
活動日

定例毎月第2・第4日曜日
他随時実施しています。

会員
  • ・会員数30人(男性19人 女性11人)
  • ・会員募集随時募集
  • ・会費年額1,000円
  • ・入会金無料
団体PR

1 地域の里山や歴史・文化はいちはらの宝である。
2 自然保護整備は「自然を守れば、自然に守られる」
3 地域の自然・歴史・文化を学ぶことで、観資源と人のつながりになることをモットーに活動しています。

今後活動を予定していること

地域の自然保護、地域の歴史文化の伝承、里山の保全整備、利活用、谷津田の整備、再生利活用を予定しています。

ホームページ
SNS
  • ・ホームページなし
  • ・Facebookなし
  • ・Twitterなし
  • ・Instagramなし
連絡先
  • ・住所〒290-0509 市原市安久谷102番地8
  • ・電話0436-92-1196
  • ・FAX0436-92-1196
  • ・E-mailyonemori39club@ozzio.jp

お知らせ