はじめてガイド

高齢者施設とのオンライン傾聴ボランティアをスタート!

更新日:2020年09月07日

活動報告

【団体名】傾聴の会 ひだまり

7月から市原市内の高齢者施設とオンラインで傾聴ボランティアをスタートしました。
施設の利用者さんとのテレビ電話傾聴ボランティアは、双方のパソコンやタブレットを介して、スカイプやズームなどのコミュニケーションアプリを、あらかじめ決めた時間に繋ぐことによってスタートしますが、今回はスカイプを使いました。
ここまでは施設の職員さんの仕事です。あとは心配ご無用、オンラインでの会話にほとんどの利用者さんは興味津々、すぐに慣れます。施設の職員さんは、普段あまり話さない利用者さんがオンラインだとよく話すと驚いています。
また、誰にも話したことのない辛かった戦時下の体験を訥々と話す利用者さんもおられました。
オンラインだと、きっと胸の内を話しやすいのだと思います。高齢者の利用者さんとパソコンを介してお話しをするとどうなるか心配して始めたのですが、それは杞憂だったようです。
コロナ時代の傾聴ボランティアの形として、これをきっかけとして市内の高齢者施設にオンライン傾聴を広めて行こうと思っています。